October 18 2015,

 

グラフィックス1

クーラーでお馴染みのZENSUI株式会社の新ブランド”ZEST”より次世代の濾過材”BACTRIA HOLD”がリリースされます。なんと目詰りしないから長期メンテナンスフリーとの事でこれから注目のアイテムです。

 

濾過材”BACTRIA HOLD”

目詰りしないだけではなく、多くの特徴のあるスーパこれから話題になること間違いなしの、目詰りしない濾過材でした。

 

こちらがBACTRIA HOLD

PP素材を特別な技術で加工したBACTRIA HOLDは、表面と内部に凹凸があります。ここに多くのバクテリアが付着しコロニーを形成し水を浄化します。

本製品には特殊な素材を混合し濾過材自身にプラス帯電を発生させ、マイナスの電位を持つバクテリアを積極的に呼び寄せる効果があります。より素早い立ち上げを実現できます。

グラフィックス2

 

濾過槽内で、チャネル現象(水の流れやすい方に優先的に流れができてしまうこと)で、水と接触できない濾過材部分ができてしまい、ろ過効率が下がるだけでなく、様々な水質トラブルの原因にもなります。

その結果誕生したのがリング状の濾過材ですが、多くの濾過材の表面は単一で、接触しあう濾過材部分の効率は下がっていました。BACTRIA HOLDは濾過材表面と内側に、不定形な起伏を設けることにより、水の流れをより細分化し拡散させ従来の濾過材よりもチャンネル現象を低下させ、多くのバクテリアーコロニーに酸素の含まれた水の循環を実現しました。

 

下記の写真はBACTRIA HOLDの表面部分の拡大写真です。ガラスやセラミックと同様に複雑な構造であることがわかります。

しかしながらBACTRIA HOLDは他の濾過材と異なり連続多孔質体では無いため内部には嫌気域があります。BACTRIA HOLDの濾過材の厚みの中心部で、そこに嫌気性細菌が繁殖し、脱窒が起きやすくなっています。
これにより、水替え頻度やろ材のメンテナンス回数を減らすことを可能になています。

グラフィックス3

 

下記の写真のBACTRIA HOLDは長年洗浄することなく、フィルターにセットされていました。見たこともないほどのバクテリアのフィルムが付着していることがわかります。

グラフィックス4

 

その他の特徴として、水質のPHなどに影響を与えず、溶解物質もありません。多くの濾過材が高温で処理し不純成分を燃焼させていますが、製造工程や原材料の問題でPH値に影響を与えたりする濾過材があることを耳にします。BACTRIA HOLDは一切の心配がないとのことです。ただし、海水魚飼育で使用する場合、バクテリアの硝化(濾過)過程でPHは低下傾向になりますので、サンゴ砂などとの併用を推奨します。

また、BACTRIA HOLDはとても軽く30Lで4.5KGです。一般的なセラミック濾過材が30Lで15Kgくらいですのでとても軽いことがわかります。

素材と軽さのアドバンテージで、ろ材同士の擦れあいにより、粉が発生し水が濁る」「割れやすく」等の従来のセラミック・ガラス系濾過材のデメリットデメリットが解消。 メンテナンス回数を減らしつつも、長期間の使用が可能になりました。

 

BACTRIA HOLDは、海外からも注目される日本製のスーパー濾過材になるかもしれません。

 

気になる価格です。下記はメーカー小売希望価格。

 

        商品名 希望小売 価格(税抜)
 バクテリアホールド Sサイズ  1L 1,600
 バクテリアホールド Sサイズ  3L 3,000
 バクテリアホールド Mサイズ  3L 2,900
 バクテリアホールド Sサイズ  50L 業務用 39,000
 バクテリアホールド Mサイズ  50L 業務用 38,000
 バクテリアホールド Lサイズ  50L 業務用 35,000

 

気になる方はZENSUI株式会社へお問い合わせください。

Comments

comments

Posted in: 

Equipment Uncategorized

Search More: