All Posts by "Taka Kamata"

ヒートシンク式小型冷却装置

日本の夏は非常に暑いです。なので、基本水槽にはクーラーが必須だと思います。しかしながら、発売されいる物は許容量が大きいために高額であるため、なかなか小型水槽に適した安価なクーラーは見つかれないと思います。そんな小型水槽にぴったりなクーラーが Chill SolutionsのCSXC-1 Chillerだとおもいます。 Read More

もうすぐEcotech Radion照明がApexでコントロール可能になる?

Ecotech MarineのRadion LEDは日本でも発売されているシステムLED照明です。そのRadion LED照明がなんとApexでもうすぐコントロール可能になるかもしれないということです。すでにEcotechのVortechはApexのWXMモジュールを使用してコントロールできます。なのでRadion LEDもコントロールできるようになるのは自然の流れだとおもいます。 Read More

BuildMyLEDがApex Readyになった

BuildMyLEDは名前のごとく、自分でLEDの色を選択して自分好みのLED照明をつくることができます。405nmなどの素子も用意されているので、この領域だけの波長がほしい人にも非常にありがたい灯具だと思います。そんなBuildMyLEDですが、Apexでコントロールできるようになり、晴れてApex-Readyになりました! Read More

SkimzのST1000 TurboMagnumスキマーはコマーシャル用のモンスタースキマー

コマーシャル用のスキマーの大きさは、ホビーレベルでは考えられないような大きさをしています。今回紹介するSkimzのST1000 Turbo Magnumもそんなコマーシャル用のスキマーになります。 Read More

デベリウス(ブルーモーリシャス・エンジェルフィッシュ)が採れた

Centropyge debelius(ブルーモーリシャス・エンジェルフィッシュ)は、日本ではデベリウスの名称で有名かと思います。個人的に一番飼育したい魚種の1つでもあります。この青と黄色の体色に黒の点がまだらに顔辺りに入っているのが非常に可愛らしいです。 Read More

Thrive AquaticsのThrive Clamキット

一年以上前に商品化されているThrive AquaticsのThrive Clamキットをご紹介します。写真を見てピンと来る人も多いと思いますが、セラミック素材のものの上にシャコガイを置くことができます。 Read More

MaxSpect Razor Nano LEDがアメリカで発売開始

MaxSpect Razor Nano LEDがアメリカで発売開始されました。日本でもMaxSpectは販売されていますので、今後発売される可能性は大きいと思います。Razor nanoは、現行モデルと同様に冷却を大きなヒートシンクを用いてパッシブで行います。 Read More

Eheimがプロペラ型水流装置に参戦!

Echotech、Tunze、Hydorなどからはプロペラ型水流装置が発売され、非常に人気も高いですよね。Eheimからはまだ出ていなかったのですが、遂に念願のプロペラ式水流装置が発売になるそうです。名前ですが、Eheim StreamONとEheim StreamON+となるそうです。見た目はT字がたのPVCに似ています。上の画像のように左右に180度回転させることができるそうです。Eheim StreamONのほうはTunzeのStreamと同じようにどの方向にも吐出口が回転するそうです。 Read More

ReefKoiのEvolution LEDが新しくなる

ReefKoiは、コロラド州にあるサンゴを販売しているショップなのですが、LEDも積極的に開発しています。新しくなったEvoLEDは、なんと全体が重厚なアルミで仕上げているそうです。これにより従来のモデルよりもよりヒートシンクとしての役割が大きくなり、放熱効果が大きくなるそうです。 Read More

CAD Lightsの逆円錐型バイオペレットリアクターのBR-2がリリース

CAD Lightsから発売されているBR-1に 新しいモデルであるBR-2が追加されるそうです。BR-1に比べれると大きいモデルになります。約2Lのメディアが入るようですね。 Read More

Page 20 of 72« First...10...1819202122...304050...Last »