All Posts by "Taka Kamata"

95%の水換えで大体の問題は解決できる?

日本の皆さんには馴染みの深い大量水換えですが、海外ではあまり聞きません。今回紹介するオーストラリアのアクアリスト、Jaime Anduezaさんは95%もの水換えを行っているとのことです。 Read More

GiesemannのMatrixx II T5灯具は非常に洗練されたデザインだ

GiesemannのMatrixx II T5灯具は、次世代のT5灯具になります。Giesemannはご存知のとおりドイツの会社です。上のデザインをみても分かりますように、非常に洗練されたデザインをしています。こういう灯具なら、水槽の上に設置しても周りの家具などに調和することが可能かとおもいます。 Read More

AquaIlluminationからAI HydraシステムLEDが発表

AquaIlluminationといえば、アメリカ国内で非常に人気が高いシステムLEDを販売している会社です。今回、そのAquaIlluminationからAI Hydraが発表されました。 Read More

水漏れ検知装置 Leak Controller LCS

RO水を溜めていて水が溢れてしまった経験とかはないでしょうか?私個人的には何回もあります。電磁弁などをつければよいのでしょうが、中々面倒で設置をしていません。このLeak Controller LCSシリーズのLeak Detectorは結構使えると感じました。 Read More

ヒートシンク式小型冷却装置

日本の夏は非常に暑いです。なので、基本水槽にはクーラーが必須だと思います。しかしながら、発売されいる物は許容量が大きいために高額であるため、なかなか小型水槽に適した安価なクーラーは見つかれないと思います。そんな小型水槽にぴったりなクーラーが Chill SolutionsのCSXC-1 Chillerだとおもいます。 Read More

もうすぐEcotech Radion照明がApexでコントロール可能になる?

Ecotech MarineのRadion LEDは日本でも発売されているシステムLED照明です。そのRadion LED照明がなんとApexでもうすぐコントロール可能になるかもしれないということです。すでにEcotechのVortechはApexのWXMモジュールを使用してコントロールできます。なのでRadion LEDもコントロールできるようになるのは自然の流れだとおもいます。 Read More

BuildMyLEDがApex Readyになった

BuildMyLEDは名前のごとく、自分でLEDの色を選択して自分好みのLED照明をつくることができます。405nmなどの素子も用意されているので、この領域だけの波長がほしい人にも非常にありがたい灯具だと思います。そんなBuildMyLEDですが、Apexでコントロールできるようになり、晴れてApex-Readyになりました! Read More

SkimzのST1000 TurboMagnumスキマーはコマーシャル用のモンスタースキマー

コマーシャル用のスキマーの大きさは、ホビーレベルでは考えられないような大きさをしています。今回紹介するSkimzのST1000 Turbo Magnumもそんなコマーシャル用のスキマーになります。 Read More

デベリウス(ブルーモーリシャス・エンジェルフィッシュ)が採れた

Centropyge debelius(ブルーモーリシャス・エンジェルフィッシュ)は、日本ではデベリウスの名称で有名かと思います。個人的に一番飼育したい魚種の1つでもあります。この青と黄色の体色に黒の点がまだらに顔辺りに入っているのが非常に可愛らしいです。 Read More

Thrive AquaticsのThrive Clamキット

一年以上前に商品化されているThrive AquaticsのThrive Clamキットをご紹介します。写真を見てピンと来る人も多いと思いますが、セラミック素材のものの上にシャコガイを置くことができます。 Read More

Page 20 of 73« First...10...1819202122...304050...Last »