articles posted in

Reactor

 

Nyos Torqのメディアリアクターは、ベースに秘密があり

メディアリアクターは、世の中に沢山出ています。このNyos Torqはその中でも新しい形のリアクターになります。… Read More

PacificSunからCalcFeeder AC Mini登場

PacificSunは、以前に光学センサーがついたCaリアクターにどれだけ海水を供給しているかモニターするCalcFeeder Proをだしましたが、今回はそのMiniバージョンであるCalcFeeder AC Miniが登場しました。全体の大きさですが、13x8インチになるそうです。… Read More

Skimzからホソジュズモなど使うマクロアルギーリアクター

ホソジュズモなどをレフジウムなどで使用するのはもっともスタンダードな感じですが、今後はこれをリアクター内で使用する方法が流行りそうです。Skimzもこのマクロアルギーリアクターを開発中みたいです。… Read More

Marine BioSystemsのスキマーは、内部にBioPelletsリアクター内蔵

Marine Biosystemsは、3Dプリンターで主要パーツを作ったバイオペレットリアクターを発表しています。今回紹介する商品は、なんとバイオペレットリアクターがプロテインスキマーに内蔵しているのです。… Read More

AFM Marineからユニークなバイオペレットリアクターがお目見え

AFM Marineは、スコットランドの会社らしいのです。そのAFM Marineから非常にユニークなバイオペレットリアクターがお目見えしました。通常のリアクターは、縦型の円柱形のリアクターでしたが、AFM Marineのリアクターは、横型になります。百聞は一見にしかずですので、下のYoutubeビデオを見てもらえるとよく分かると思います。… Read More

Avast Marineから自動攪拌ゼオビットリアクターが登場間近

ゼオビットシステムと言えば、毎日ゼオリアクターを攪拌するように推奨されています。でも、忙しいとついつい忘れてしまいますよね。数社からすでに自動攪拌ゼオビットリアクターが出ていますが、Avast Marineからも発売されるそうです。… Read More

LSS研究所からReef OctopusのバイオペレットリアクターBRP-SSFシリーズ発売

LSS研究所からReef OctopusのバイオペレットリアクターBRP-SSFシリーズ発売されるそうです。… Read More

CAD Lightsの逆円錐型バイオペレットリアクターのBR-2がリリース

CAD Lightsから発売されているBR-1に 新しいモデルであるBR-2が追加されるそうです。BR-1に比べれると大きいモデルになります。約2Lのメディアが入るようですね。… Read More

PRSの自動攪拌ゼオビットリアクター

ZEOvitシステムの一番の面倒な作業の1つは、ゼオビットリアクターの攪拌ではないでしょうか?一応マニュアルには毎日攪拌することを推奨しています。作業自体は短時間で終らせることができますが、意外に面倒だったり、忘れがちになったりします。… Read More

廉価版マグネット内蔵ゼオリアクター

以前に中国のJebaoWP40というウェーブメーカープロペラポンプを紹介しましたが、同サイトからはゼオライトリアクターも発売されています。FS-Z100とZ160が用意され、1.5リットルと3.0リットルの二種類の容量から選べるようになっています。… Read More